2018年06月01日

【梅雨入り前のドライバー必見】少しでも快適に梅雨時期にドライブするために大事な車の5チェック項目!!

5月が終わってもう6月ですね。

1年の半分がもう終わったと思うと時間が経つのが年々早くなっている気がします。

そんな6月ですが、今年(2018年)は例年に比べると

 

梅雨入りが早い!!

 

ようです。例年は6月8日頃って書いてあったので、もう本当にすぐ梅雨入りしそうです。

 

さて、そんな梅雨を迎えるこの時期にやっておきたい車の5つの事と題して書くわけなんですが

 

  1. 撥水以上の洗車
  2. 室内清掃
  3. ワイパーの点検
  4. フロントガラスのガラスコーティング
  5. タイヤの残溝チェック

 

この5つが挙げられます。

なぜこの5項目が梅雨入り前にやっておきたいことなのか、順を追って説明したいと思います。

 

1.撥水以上の洗車

 

これは単純に雨が降るので、少しでもボディの撥水を良くしておいて水垢やウォータースポットができないようにしましょう!という事です。

シャンプー洗車で確かにボディの汚れが落ちて綺麗になりますが、撥水などのコーティングがされていないとまたすぐに埃がボディに付着してしまいます。

そしてコーティングなどを長くしていなかったボディの上では雨水が残りやすく、ボディに付着していた埃などと結合してしまうことで飛び石などで傷ついていた車のボディを錆びさせていしまったり、残っていた雨粒が日差しによってウォータースポットを生む原因となってしまうことがあります。

 

やはりそれを防ぐには、普段のシャンプー洗車からワンランク上げた撥水や〇〇コーティングなどのメニューに変更してみることをおススメします!!

 

こびりついた水垢やボディにまで浸透してしまったウォータースポットを除去するには、専用の溶剤や機材が必要となってしまい、普段の洗車に費やしている金額ではできない施工なので、それを少しでも軽減させるという意味でもおススメです!

 

ちなみに撥水コーティングなどをすることでフロントガラスなどの表面もコーティングされるので雨が降ってきた時でも視野を確保しやすいなどのメリットもあります!

 

 

2.室内清掃

 

えっ、なんで?って思う方も多いかもしれませんが意外と梅雨時期は室内清掃が重要になってきます。

まぁまずは室内清掃って具体的に何?ってトコなんですが、

  • 内窓の拭き上げ(できればアルコールなどで)
  • 掃除機
  • エアコンフィルターのチェック&必要なら交換

この3点ですね。

 

内窓の拭き上げと掃除機が重要なのは、

 

車内のガラスを少しでも曇りにくくするため

 

です。

 

梅雨時期はもともと雨が降っているせいで湿度が高いうえに、濡れた傘などを車内に放置するので湿度がとても高くなります。

 

そんな車内と外気との温度差が広がることで外気と車内を隔てているガラスがこんな感じで曇ってしまうワケです。

 

それに加えて埃やタバコのヤニなどが付着している場合は、それらが水蒸気を吸着する為より一層曇りやすくなってしまいます。

 

そしてエアコンフィルターのチェック&交換ですが、まず自分の車にエアコンフィルターがついているかどうかわからない貴方!!

 

わからない = これまで交換していない ≒ めっちゃ汚れているかも

 

という事です。

 

また車内用のファブリーズをつけて、これまでエアコンから出てくる悪臭を凌いでいた方、

 

まずはエアコンフィルターのチェックをしましょう!!

 

ちなみに、

左:何年も交換していなかったエアコンフィルター

右:新品のエアコンフィルター

です。

 

色が違うし、なんか色んなゴミとかも挟まっているし、、、。

ここを通った空気が車内に充満していたかと思うと怖いですね。

あと梅雨前に交換をおススメする理由としては、花粉や黄砂そして虫の死骸とかが挟まっている状態で湿度が高い車内になるので、かなり臭くなります。

というか、そんなのを通過した空気誰も吸いたくないでしょ?っていう事で、交換は別としてまずは

 

エアコンフィルターのチェック

 

だけでもガソリンスタンドなどでしてもらいましょう。

 

3.ワイパーの点検

 

ワイパーちゃんと動いてますか?

というか切れたりしていませんか?

あと4月に花粉や黄砂で汚れていたフロントガラスを綺麗にするために、みなさんもちろんワイパーを使ったと思うんですが車に乗る前に一度ワイパーを上げてみたりしましたか?

というのも、花粉と黄砂は粘り気がある為、フロントガラスとワイパーをくっつけちゃうんです。

そんなくっついた状態のワイパーを動かしたら、ゴムに負担がかかって切れやすくなってしまいますね。

 

 

あと徐々に暑くなってくるこの時期は熱によるゴムの変形が起こりやすくなります。

だからたまに駐車している車でワイパーが上がっている車を見かけませんか??

あれは熱による変形を避けるためにワイパーを上げているんですね。

ちなみにフロントガラスをどれだけ拭いても、なんか視界が悪かったり、ワイパーが通る面はよく見えるのに、ワイパーが当たらない部分が見えにくい時は

 

油膜 or ウロコ

が原因です。

これは専用の溶剤で施工しないと落とすのはかなり難しいです!!

ただ最近は市販でも油膜落としやウロコ落としは売っているようなので気になる方は試してみてください!!

ちなみに弊社の全SSでは、油膜・ウロコどちらもちゃんと対処できるよう溶剤は揃えてあるので気になる方はスタッフまでお声掛け下さい。

 

 

#4.フロントガラスのガラスコーティング

これは#3で書いた油膜&ウロコを落としてから、ガラスコーティングをすることで一層効果を発揮します!!

ガラスコーティングに関しては雨が降っているような日では溶剤がガラス面に浸透しにくく、すぐに効果が無くなってしまうのでできるなら晴れもしくは曇りの日に施工して雨の日にその効果を実感してもらえればと思います。

分かりにくいですが左側が未施工、右側が施工済みです。
比較的右側はガラスのクリア具合がキープできていますが、左側は視界が曇り感じになってしまいます。

停止した車のフロントガラスでこの状態なので、走行時に正面から風をうけると施工済みのガラスは雨粒が綺麗に四方に散っていくのは見ていて気持ちがいいです!

 

#5.タイヤの残溝チェック

 

これはぶっちゃけ梅雨がとかそういう次元ではないんですが、やはりタイヤの溝が無くなってツルツルになればなるほど路面をグリップする力は弱くなっていきますのでスリップしやすくなります。

特にマンホールの上などはハンドルをもっていかれる可能性がありますので十分に注意してください!!

もしタイヤを新調するマネーがないとかっていう場合は、

 

ローテーション

 

してみるのも一つの案としてあります。

 

ただし車によってローテーションが変わるので、下の図を参考にしていただければと思います。

 

 

最後に

 

まずは最後まで読んでいただいて有り難う御座いました!

”梅雨入り前のドライバー必見】少しでも快適に梅雨時期にドライブするために大事な車の5チェック項目!!”いかがだったでしょうか?

 

知ってる事、知らない事、知ってるけどやったことない事色々とあったかもしれません。

このブログが少しでも読んでいただいた方のお役に立てればと思います。

もちろん今回紹介させていただいた5項目すべて弊社のガソリンスタンドで施工可能です!!

ここにいる各拠点の所長たちが皆様の御来店を楽しみにお待ちしております!!

 

 

宜しくお願いします!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL